自衛隊を認めることは当たり前のことです

法律の最上位の物は憲法ですが、日本の憲法には自衛隊について記載がありません。
9条で非武装になっている為、軍備を持つ自衛隊は認めらないことになっているわけです。
しかしこれはどう考えてもおかしな話であり、国が存在する限り国を守るための軍備は必要であるはずです。
第2次世界大戦で日本が暴走したため、戦勝国が二度と戦争をさせない為にこの憲法を作ったわけですが、戦後70年が経ちすっかり経済国家になった日本が昔のように軍が暴走するはずがないので、防衛のための軍備を憲法に明記しても何の問題もないと思われます。
中国や北朝鮮のことを考えれば、防衛の為に軍隊を持つことは当たり前のことではないかと考えられます。
日本国憲法を作ったアメリカでも日本の国は日本で守れと言う考えが強まっているわけであり、自衛隊を憲法で認めることは絶対に必要なことであると思われます。
それを反対だと言う人はもっと新聞を読んで世界情勢を学ぶ必要があると思われます。

利便性を求めたマニュアル制作

税理士・会計士をお探しならこちら
お客様にあった先生をご紹介します

お花の資格が取れます

PCからいつでも確認できます

海外法人設立の登記お任せください

社員の人数が多いので給与計算を代行会社にお願いしたい

最新記事