自衛隊を認めることは当たり前のことです

法律の最上位の物は憲法ですが、日本の憲法には自衛隊について記載がありません。
9条で非武装になっている為、軍備を持つ自衛隊は認めらないことになっているわけです。
しかしこれはどう考えてもおかしな話であり、国が存在する限り国を守るための軍備は必要であるはずです。
第2次世界大戦で日本が暴走したため、戦勝国が二度と戦争をさせない為にこの憲法を作ったわけですが、戦後70年が経ちすっかり経済国家になった日本が昔のように軍が暴走するはずがないので、防衛のための軍備を憲法に明記しても何の問題もないと思われます。
中国や北朝鮮のことを考えれば、防衛の為に軍隊を持つことは当たり前のことではないかと考えられます。
日本国憲法を作ったアメリカでも日本の国は日本で守れと言う考えが強まっているわけであり、自衛隊を憲法で認めることは絶対に必要なことであると思われます。
それを反対だと言う人はもっと新聞を読んで世界情勢を学ぶ必要があると思われます。

東京ソックス
日本国内のランドマークの検索結果

大内 徹
Open Access Theses and Dissertations

市原市 歯科

エム・シー・アンド・ピーの求人詳細ページ

大坪律己
東京都の「大坪律己、出版書籍一覧はこちら」のパート・アルバイトの求人情報

最新記事